お知らせ・ご報告

声で届けるボランティア講座の報告
2018.8.3更新

平成30年7月13日と20日、27日の3日間にわたり、声で届けるボランティア講座を開催しました。

講師に名古屋盲人情報文化センターで音訳ボランティアとして活躍されている、浦部頼子様をお招きし開催しました。

音訳の意義や呼吸、発声など声の出し方、アクセントや声の高低、間の取り方など実際に原稿などを読みながら実践的な読み方を教えていただきました。

3日間という短い期間でしたが、参加者にとって有意義な時間となりました。

参加者の感想として、「実践があり、体験できて良かった。」 、「アクセントが頭で解っていても、いざ口に出してみると違うアクセントになってしまう。 とても難しかった。」などの感想がありました。

声で届けるボランティアは、目が不自由な方や見えにくい方のために、情報を音訳にして、届ける音訳ボランティアです。

飛島村でも、音訳ボランティアさんが活動、活躍されています。
飛島村音訳ボランティアについては、緑色の文字をクリックするとそのページへ移動します。)

飛島村の音訳ボランティアでは、現在、一緒に活動していただける仲間を募集しております。
活動の見学も大歓迎です!初心者でも大丈夫です!

ご興味のある方、活動の参加に迷っている方など、まずは音訳ボランティアの活動の様子をのぞいてみませんか?

あなたの声とお越しをお待ちしております。

声で届けるボランティア講座の様子

活動写真 活動写真 活動写真
当日の様子 当日の様子 当日の様子

このページのいちばん上へ