お知らせ・ご報告

すまいるサポーターとは?(2016.3.7更新)

飛島村社会福祉協議会では、すまいるサポーターが訪問配食サービスを担当しています。

すまいるサポーターとは?

飛島村社会福祉協議会の「すまいるサポーター」は、飛島村社会福祉協議会の職員で2015年3月2日に考え、使用している愛称です。

「スマイル」=笑う、ほほえむなどの意味から。
(文字の「スマイル」をカタカナからひらがなに変更して文字でも馴染みやすく工夫)。

「サポーター」=応援、支持、保護、守るなどの意味から。

「すまいるサポーター」には、『笑顔と一緒にお弁当をお届けし、その人らしさの生活の応援と支援をして、住み慣れた地域で生活してもらいたい。』という願いがあり、私たち飛島村社会福祉協議会の職員が願いを込めて作った造語であり、愛称となります。

決められたわずかな時間ですが、すまいるサポーターとして、すまいるの文字とおり、あなたのそのステキな笑顔で、飛島村の高齢者の福祉に貢献しませんか?

資格要件(2つ必要)

①普通自動車運転免許証
②高齢者が好きな方

※事前に飛島村社会福祉協議会がおこなう研修(1時間程度)が必要となります。
※但し、介護職員初任者研修修了者、ホームヘルパー1級・2級講座修了者、介護福祉士などの福祉や医療関係の資格保持者及び、過去に医療機関や老人福祉施設等で実務経験がある方は研修が免除となります。詳しくは、飛島村社会福祉協議会までお問合せください。

勤務内容

一人暮らし高齢者、高齢者世帯への安否確認を含めた訪問配食

勤務時間

月曜日から金曜日の午前11時00分から午後2時00分まで。
但し、祝日・年末年始を除く。
休憩60分あり、実働2時間となります。

配達は、午前11時00分から午後0時00分です。
回収は、午後1時00分から午後2時00分です。
特定日のみ回収時間が、午後1時30分からとなります。

使用する車は、飛島村社会福祉協議会の車となります。
この訪問配食は、飛島村から委託を受けておこなっている事業となります。

※すまいるサポーターさんと登録ヘルパーさん合同の打合せ会を毎年2月もしくは3月におこない、年間の勤務内容・曜日・時間などをみんなで相談の上、決定しています。

その他

○現在6名のすまいるサポーターの方が活躍されています。
○仕事の内容の見学もできますので、興味をお持ちの方は、お問合せください。
○飛島村社会福祉協議会のホームページ上に、、一人暮らし高齢者、高齢者世帯への安否確認を含めた訪問配食の内容が掲載されていますので、ぜひご覧ください。

  ・一人暮らし高齢者、高齢者世帯への安否確認を含めた訪問配食

応募方法

現在、募集はおこなっておりませんが、興味の方はご連絡ください。

このページのいちばん上へ