高齢な方へ

高齢者生きがい活動支援 さくらの会
2017.10.2更新

さくらの会とは?

おおむね60歳以上で心身機能が低下している方や、家に閉じこもりがちな方々を対象に、レクリエーションや創作活動、交流会等々をとおして、心身機能の向上や閉じこもり防止と、生きがいのある日常生活をつくることを目的に活動しています。

さくらの会を利用して、住み慣れた飛島村で生きがいのある日常生活と健康で笑顔と笑い声のある生活、介護予防、介護のない生活で家族の生活満足度を満たしましょう!

下のページに最近の活動より一部をご紹介として、写真を掲載しています。
ぜひご高覧ください。

 

さくらの会での共同作品完成
文化祭出展 共同作品記念撮影

下の「Q&Aに当てはまる!」ことはありませんか?

Q1:
物忘れに悩んでいる。
A1:
さくらの会を利用して、物忘れの進行を防ぎましょう。
Q2:
最近、家から外に出ようとしなくなった。
A2:
さくらの会の利用を通して、週1回は外出機会をつくれます。
Q3:
テレビを見ている時間が多くなった。
A3:
さくらの会の利用を通して、他者との交流が図れ、認知症予防につながります。
Q4:
急に老けこんで見えるようになった。
A4:
さくらの会の利用を通して、外出することで容姿に気を付けることができます。
Q5:
老人クラブに参加しなくなった。
A5:
さくらの会の利用を通して、利用者で仲良くなり、寂しさを忘れることができます。
Q6:
昼間は一人で家にいるから少し心配
A6:
さくらの会の利用を通して、週1回は外出機会をつくれ、他者との交流が図れます。

Q&Aに当てはまらなくても、さくらの会を利用することができます。
まずは、お気軽に飛島村社会福祉協議会までお問合せをください。

さくらの会を利用して、生きがいのある日常生活と健康で笑顔と笑い声のある生活、介護予防、家族の生活満足を満たしましょう!

活動より一部を写真で紹介
(平成29年4月~平成29年9月) (写真をクリックすると拡大します)

 


4月7日 創作活動
フェルトこいのぼりつくり

4月27日 野外活動
芝桜と足湯ツアー


5月10日 遠足
名古屋港


5月22日 レクリエーション
ホースパターゴルフ



6月14日 押し花1回目
キャンディポットつくり


7月19日 レクリエーション
名古屋場所記念
トントンすもう大会


8月29日 児童館交流
バランスお手玉


9月11日 レクリエーション
第8回運動会


9月25日 創作活動
共同作品つくり7回目

利用対象者は?

  • 飛島村にお住いの60歳以上の方
  • 介護保険の認定を受けている方でも、利用可能ですが、まずは、ご相談ください。

利用料は?

  • 原則無料
       但し、創作活動などの材料費として一部自己負担あり(100円)

送迎は?

  • 送迎が必要な方は、ご自宅まで送迎します。
  • 送迎についても無料です。

活動内容は?

  • レクリエーション、創作活動、調理実習、児童館との交流会、野外活動など

活動回数は?

  • 平成29年度は、年間49回を予定しています。

活動時間は?

  • 午後1時15分から午後3時30分までの2時間15分
    但し、送迎時間は除く。また、活動内容によって時間変更あり。

活動場所は?

  • 飛島村ふれあいの郷会議室(飛島村社会福祉協議会の事務室の前です)

一日の流れは?

  • 午後0時20分から午後1時頃までに
    お迎え(ご自宅へお迎えに伺います)
    (到着した方より、自動血圧計による血圧測定や体調確認など)

  • 午後1時15分から午後3時30分
    活動時間
    (適宜トイレ休憩、お茶(水分補給)休憩あり)

  • 午後3時30分から
    送り

平成29年10月2日現在の利用者状況は?

  • 利用者数は21名(男性4名、女性16名)
  • 年齢層については、71歳から始まり、なんと100歳までの幅広い年齢の方々が参加されて、たくさんの笑顔と笑い声があり、すぐに仲間になるのが、この「さくらの会」の最大の特徴となっています。

その他

  • 興味のある方は、一度見学に来てみませんか?(ご本人、ご家族問いません)
  • 家族と暮らしているけど日中は独居な状態で心配の方、介護保険のサービスを利用するまででもない方や介護保険の申請結果が「自立判定」の方、この先介護保険のサービスへの利用へつなげるためにこの事業を活用する方法もあります。
  • お試しの参加(無料)も大歓迎です。

問い合せ先

飛島村社会福祉協議会まで
電話 (0567)52-4334 / E-mail tobi-syakyo@soleil.ocn.ne.jp

このページのいちばん上へ