ボランティアの方へ

飛島村で活動、活躍しているボランティアの紹介

点訳の『いととんぼ』 更新2021.9.3

活動内容

・本や新聞記事、雑誌などの点字活動
・海部津島地域の視覚障がい者との交流会
・点訳の学習
・飛島学園にて福祉教育の講師
・飛島村社会福祉協議会の福祉行事への参加 など

活動時間

・基本、毎月2回(月曜日)の活動
・活動時間は、午後1時30分から午後3時30分
(会員で話し合いの上、活動日時を決定しています)

代表者

鈴木 晴美

会員数

8名(令和3年4月現在)

健康福祉祭に参加健康福祉祭に参加 福祉実践教室に参加福祉実践教室に参加

点訳の『いととんぼ』からのお知らせ

現在、会員募集中です!
入会の条件や資格はありません。

入会者には、ポロシャツと防寒用ジャンパーを差し上げます。
見学することもできます。

詳しくは、飛島村社会福祉協議会までご連絡ください。

新型コロナウイルス感染症の影響について

このホームページに掲載されている『いととんぼ』の活動内容については、中止や変更となる場合がありますので、予めご了承ください。

最新情報については、お手数をお掛け致しますが、飛島村社会福祉協議会までお電話(0567-52-4334)にてご確認願います。

第19回点訳ボランティア交流会2019(In飛島村)のご報告

令和元年7月8日に第19回点訳ボランティア交流会が、飛島村のふれあいの郷で開催されました。今回の当番は、飛島村の点訳の『いととんぼ』さんでした。

津島市の点訳の「点読虫」さんと弥富市の点訳の「ありんこ」さん、あま市の点訳の「あいうえお」さん、点訳の「はまやらわ」さん、そして、飛島村の点訳の『いととんぼ』さんの5グループ21名の方々が参加されました。

交流会では、「点訳の手引き」の改訂箇所の説明(講師に青木美代子氏)では、この年に「点訳の手引き」が改訂されたことによりその改訂ポイントを学び、今後の点訳活動の参考になりました。その後、レクリエーションをおこない、楽しい時間を過ごしました。

他市町村のボランティアグループと交流ができ、ボランティアさんにとって有意義な時間となりました。

このページのいちばん上へ