子ども・青少年・ひとり親家庭の方へ

福祉実践教室 2016.12.7更新

飛島村立小中一貫教育校 飛島学園にて、障がいやお年寄りの特性を理解するための実践教室を開催し、児童・生徒に体験を通じて障がいやお年寄りの特性を理解してもらい、福祉の心を養うために実践教室のお手伝い及び講師派遣をおこなっています。

障がいを持った人や、お年寄り等さまざまな人が暮らしている地域社会で「ともに生きる」明るい社会をみんなの手でつくりだすことが、今日的課題となっています。

そこでこの福祉実践教室では、児童・生徒とその保護者が、視覚障がい・聴覚障がい・肢体不自由をもつ人との交流、またお年寄りの特性の体験をとおして福祉との関わりを日常的な実践活動へと広げていく契機とするのがねらいとなっています。

飛島学園 福祉実践教室の様子 平成28年11月21日開催

点字の様子

点字の様子

手話の様子

手話の様子

車いすの様子

車いすの様子

このページのいちばん上へ