子ども・青少年・ひとり親家庭の方へ

福祉実践教室 2021.7.6更新

飛島村立飛島学園で開催される福祉実践教室にて、生徒が講義や体験を通じて、障がいやお年寄りの特性を理解し、温かく受け入れる福祉の心を養うため、福祉実践教室のお手伝い及び講師派遣をおこなっています。

障がいのある人や、お年寄りなどさまざまな人が暮らしている地域社会を「共に生きる」明るい社会にすることは、生徒を含む地域で暮らす住民の願いです。

そこで、この福祉実践教室では、生徒が、視覚障がい・聴覚障がい・肢体不自由のある人との交流やお年寄りの特性についての講義や体験をとおして、「どんな気持ちになるだろう」「自分にはどんなお手伝いができるだろう」と関わり方を学び、「こんな道具や活動があるんだ」と福祉との関わりを知ることで、日常的な実践活動へと広げていく契機とするのがねらいとなっています。

飛島学園 福祉実践教室の様子 令和3年6月29日開催

点字の様子

点字の様子

手話の様子

手話の様子

車いすの様子

車いすの様子

このページのいちばん上へ